おひなまき染め~ビワ【煮染め】編~

◆ご注意!始める前に必ずお読みください。

ご両親がビワアレルギーの場合は、赤ちゃんへのアレルギー反応が出るかもしれません。
ビワ染めは控えておきましょう。
また、果物アレルギー等をお持ちの場合など万一に備え、ご両親の体質を考慮した上で、材料を選定し染めるようにしましょう。

火にかける時は、十分な換気の上で行ってください。
※煮出すことによって、さらに、ビワの葉の香りが強くなります。

 用意するもの 

びわおひな染め 材料

<材料>

  • おひなまき:お持ちのサイズ(S/MS/M)※今回はSサイズを使用。
  • ビワの葉(乾燥):今回は10枚ほど使用。
  • 無調整豆乳(成分無調整牛乳でも可):約1000cc(布が浸かるくらいの量)
  • セスキ粉末:大さじ2(※使用しなくても染まります

<道具>

  • 水切りネット
  • ゴム手袋
  • 大きめの鍋
  • 染液をこせるもの
    (網目の細かいザル、ふきん、キッチンペーパーなど)
  • 輪ゴム

染め方

<手順.1> 染める前に

おひなまきの準備をします。

「おひなまき」が新品の場合は、事前に水通ししておきましょう。(のりづけを取るため)
※使い込んでいる「おひなまき」(布)を使用する場合は、色むらが出やすいことがあります。

<手順.2> 柄を決めよう

今回は輪ゴムで〇(丸)になるように結んでみました。

<手順.3> 「おひなまき」を牛乳に浸す

びわ染め6 牛乳に浸す

「おひなまき」が浸かるくらいの豆乳or牛乳に30分~1時間ほど浸します。

成分無調整牛乳でもできますが、牛乳の方が臭いが強いので、豆乳をおすすめします。
素材の綿や麻は染まりにくいため、タンパク質を含む無調整牛乳や無調整豆乳などに浸し、染まりを良くします。

<手順.4> 染液を作る:準備

まず、ビワの葉をざく切りにします。

びわ染め7 びわの葉を切る

※目の細かいネットに小分けしておくと、取り出すときに楽です。ネットが無い場合は、そのままいれてもOK。

びわ染め8 切った葉をネットに

<手順.5> 染液を作る:煮出す

びわ染め9 煮出す1

鍋にビワの葉と浸るぐらいの水を入れ、フタをして火にかけます。
沸騰したら、弱火~中火で1時間ほど煮出します。

<手順.6>「おひなまき」を準備

びわ染め10 おひなまき洗う

火を止める少し前に、<手順.3>で浸していた「おひなまき」を軽く水洗いして、絞っておきます。

<手順.7> 染液をこす

火を止めて、葉を取り出したら、ザルや薄手の布、キッチンペーパーなどを使って染液をこします。今回はトコちゃんの手ぬぐいを使ってみました。

<手順.8>「おひなまき」を染める

「おひなまき」を染液に浸けて、再び火にかけます。(中火~弱火で1時間ほど)

びわ染め13 おひなまきを染める

1時間後

びわ染め14 浸けて1時間後

 

≪染液を染み込ませるために、ここから冷ます・煮るを繰り返します≫

<手順.9> 火を消し、2時間ほど置く

2時間後

びわ染め15 浸けて2時間後

<手順. 10>再び1時間ほど火にかける

1時間後

びわ染め16 再度1時間火にかける

<手順. 11> 一晩置く

火を消して、翌朝まで置いておきます。


~2日目~

翌朝↓

びわ染め17 一晩浸ける

<手順. 12> 染液にセスキ粉末を混ぜる

染液に色止めとしてセスキ粉末を大さじ2入れて溶かします。

びわ染め18 セスキ粉末を入れる

<手順. 13> 1時間ほど、火にかける

1時間後

びわ染め19 1時間火にかける

※染まりが薄い場合は、火にかける時間や冷ます時間、セスキ粉末の量を調整してください。

<手順. 14>火を消し、しばらく置いておく

6時間半後

びわ染め20 6時間半浸けた後

<手順. 15>「おひなまき」を水洗いする

染めた「おひなまき」を取り出し、水で洗って絞り(脱水し)ます。

びわ染め21 おひなまきを洗う

<手順. 16> 輪ゴムを外す

手順.2で結んだ輪ゴムを外します。

<手順. 17> 乾かす

シワにならないように干して、乾いたら完成です!

びわ染め24 乾燥させる

 

完成!!

落ち着いたサーモンピンクに仕上がりました。
おひなまきを巻いた横向き姿も可愛いです!ヽ(≧▽≦)/

一緒に染めたトコちゃんの腹巻はこんな感じに仕上がりました♪

色止め(セスキ粉末)を入れていないバージョンもご紹介☆

並べてみると、色止めの有無だけでも色の変化が分かります。

びわ染め 色止め有りと無し
左:色止め有り、右色止め無し

 


今回は使い込んでいる「おひなまき」(布)を使用したので、少し色むらが出てしまいましたが、これも味が出て良かったかもしれませんね!

ぜひ、試してみてください☆