夏の冷えにご用心!

こんにちは!
スタッフOです^^

本格的に暑くなってきましたね!
大阪でも30度を超す日がちらほら…。
少しでも涼しくなりたい今日この頃ですが
冷たい飲み物やクーラーで体を冷やし過ぎていませんか?
実は手足が冷たい人は子宮も冷たくなっているんです!

原因は色々ありますが、
冷え過ぎた内臓が一定の温度を保つために血液を体の中心に集めた結果、
末端である手足に血液が行き渡りにくくなるから。

赤ちゃんはお腹の中にいるので、末端の手足に比べると
心臓に近いように感じますが、実は違うんです。
血液はお母さんの体中を巡ってお腹の中の赤ちゃんに届きます。
ということは心臓からとても離れているということ。
手足に上手く血液が届かなければ、同じ末端にいる赤ちゃんにも
血液が届きにくくなってしまいます(>_<)

だから暑い夏こそ体を冷やし過ぎないように気を付けることが
大切なのです(*・`ω・)

ですが、お腹にゴムの跡が残るような衣類を着用することは
オススメしません(´・ω・)
というのもお腹をしめつけると、血液が体中を巡りにくくなり
冷えにつながります。
しかもゴムが子宮を押し下げるので赤ちゃんにも苦しいのです(×_×)
(詳しくはこちらをご覧ください。)

そこでお腹を締め付けず、温めるアイテムとして腹巻きをオススメしています^^

青葉の腹巻きの特徴はとにかくお腹を締め付けない!
アンダー腹巻着用写真

 

 

 

 

これはアンダー腹巻着用時の写真です。
お手持ちの腹巻きと比べていただければ一目瞭然ですが、凄く伸びます!
だからお腹を圧迫することなく
妊娠前から臨月までお使いいただけるのです(^o^)

青葉の腹巻きは全て横幅ではなく、縦の長さでサイズが変わります。
厚手腹巻カラーと厚手腹巻オーガニックコットンの写真

 

 

 

 

 

 

 
※右側が厚手腹巻カラー Lサイズ
左側が厚手腹巻オーガニックコットン Mサイズ

横幅はどれも上の写真と同じくらい伸びるのでご安心ください(*´∀`)

よく電話でお受けする質問の中に「厚手腹巻の厚さはどれくらい?」
というものがありますが、これは一般的に売られている腹巻と
ほぼ同じくらいです。
アンダー腹巻は厚手腹巻と比べるとだいぶ薄い商品になります。
夏場は汗をかきやすいので、トコちゃんベルト着用の時にも
しっかり汗を吸い取って、肌を保護してくれるという面では
これからの季節は厚手腹巻がオススメです^^

まだまだ暑くなりますが
体調を崩されないようお気をつけください。
スタッフOでした^^