第1回オンラインセミナー参加者の感想紹介♪その4

2020年11月26日(木)・28日(土)に実施したトコちゃんベルトの青葉 オンラインセミナーにご参加くださった方の感想をご紹介します♪

★セミナーの詳細は、講演要旨集をご覧ください♪

★このセミナーに参加した青葉スタッフの感想はこちら!


対象:11月26日(木)・28日(土)のセミナー参加者
質問:本日の内容で特に参考になった点や、今後取り組みたい内容はございましたか?

※28日のセミナーお申込み時に職業選択欄で「医療従事者」または「保育関連職従事者」以外を選んだ方の感想はこちら

医師

骨盤ケア まるまる育児をもっと指導する

看護師

現在小さな子どもの子育て中なのでまずは自分の子供のお雛巻きなど再度やってみようと思いました。

今後も、骨盤ケアやまるまる育児が浸透するよう活動を続けたいと思います。

私の長男はギャン泣きがひどく、新生児期から縦抱きをしていました。その子だけ歯並びが異常で長きに渡って歯列矯正をしてきました。高島先生のお話しを聴いて大納得です!
このような実体験も含めながら、ママに伝えていけたらと思いました。

歯医者は1番通う所になるほど!と思った。
私自身も子どもを連れて行っている歯科でまるまる育児に興味を持ってくださっているため、こちらからも積極的にアプローチしていこうと思いました。

歯並びにも影響があることがよくわかり、胎内からのまるまる育児の重要性がさらによくわかりました。


胎内姿勢のイラストに衝撃を受けました。
幽霊くんとあぐら君。
反り返りになる赤ちゃんの理由が繋がりました。
また屈曲姿勢が胎内で嚥下機能、呼吸機能、指シャブリを育てる…。
骨盤体操やケアはできませんが、その大切さを学んだので、小児科クリニックで伝えるきっかけにしていきます!
屈伸姿勢と伸展姿勢からの授乳姿勢!
考えたこともなかったです!
縦抱き〜口ポカン〜歯並びなど、成長するに伴い子どもたちが困っていく姿が想像できます。
舌が上顎にピタリ〜鼻呼吸〜腹圧…
最近の赤ちゃんの便秘の理由に納得できました。

池田先生と高島さんの話を聞き、自分の悩み(歯列矯正の経験、現在の腰背部痛、赤ちゃんグズリ等々)が骨盤ケアやまるまる育児で根本解決に近づけるのではないかと思いました。
今後もケアギバーさんと繋がり自身とこども、赤ちゃんのケアに努めていきたいと思います。
本日はどうもありがとうございました。

母親の骨盤や脊柱の状態が胎内姿勢に関わるという点。まるまる育児はもっと知りたいと思いました。

来月出産予定です。妊娠中にトコちゃんベルト講習会に参加しまるまる育児に興味を持ちました。
赤ちゃんが健やかに成長できるように、また歯列や姿勢の面でもまるまる育児をしたいと思っています。
スリングやおひなまき、Cカーブに寝かせられるような寝床を出産準備で整え、妊娠中期からトコちゃんベルトにもお世話になっています。

歯科医師

一般の方々にも、歯科医師にも分かりやすい内容で、特に説明の仕方そのものが、どのようにしたら一般の方々にも理解されやすいのか、に関して大変参考になりました。
この分野に関して全く無知であるため、今後ともしっかり勉強させていただきます。ありがとうございました。

歯科の妊婦健診から情報発信をしていきたいと思いました。

歯科医師として歯突起について最近のトピックとなっていることを知りながら、なかなか理解ができずにいましたが、高島先生に解説いただき、とてもわかりやすく納得がいくものでした。ありがとうございます。

自院でも妊婦さんや赤ちゃんに対してのセミナーを行っていけるようにしたい。

小児歯科医として赤ちゃんに対してのアプローチは行っていましたが、妊婦産へのアプローチがまだまだ弱いと気付かされました。
私自身も吸引分娩で出産し、子供はやや斜頸でしたが、赤ちゃんの発達について学び、だいぶリカバーできたかな、とおもっています。
小児歯科医として、たくさんの子供達、悩めるお母様たちに還元していきたい知識です。


妊婦さんにいろいろとお話しできることがたくさんあることや赤ちゃんのケアのお話など今後歯科医院での取り組みをしていきたいと思いました。

妊婦さん自身への姿勢指導の重要性を感じました。それが子宮を通して赤ちゃんの姿勢に及ぼす影響をお伝えしていきたい。

本日はありがとうございます!
今まで勉強してきたことと繋がる内容が多かったことに、興奮しています。普段、参加している勉強会の先生が、丸茂先生の話を聞いてきたと言っていたので、今回、私がこのセミナーで聞いたことも共有したいと思っています。
「0歳からの健康長寿研究会」も、調べてみようと思います。
今は勤務医なので、なかなか自由には取り入れることが難しいかもしれませんが、数年後には開業したいと考えているので、まるまる育児や、トコちゃんベルトについても、勉強していきたいと思います。
本当にありがとうございます。

歯科医師で現在、私自身が妊娠中です。
改めて、大事なことを見直すことができました。
私たち自身がどれだけ早くから啓蒙できるかが課題だと感じながら受講させていただきました。

歯科衛生士

ベビーサインについて、赤ちゃんの発達した手の動きに意味があること。お母さんの姿勢・体幹・骨盤を支えてあげる事が大事な事。まるまる育児の推奨について。歯突起の詳しい説明から、0歳の姿勢の大切さの裏付けとして勉強になりました

楽しく拝聴させていただきました。
池田先生のきれいな寝返り、はいはいの動画がとても参考になりました。
腰から寝返りが大事なのですね。
高島先生の歯突起についてもとてもわかりやすかったです。

高島先生のお話により歯突起を正しく骨化させることの重要性を重く受け止めました。
池田先生のお話も胎児期から始まる赤ちゃんの姿勢が育てやすさ、育てにくさに影響することがわかり、お母さんたちがぜひ知りたい内容だと思いまるまる育児がより広まるように尽力したいと思いました。途中参加でしたがとても充実した内容がきけて満足です。

高島先生の口蓋の画像は大変わかりやすく納得しました。
また、産前からの重要性を改めて感じました。

高島先生の頸椎の歯突起の変形の見方はわかりやすく、今後の診療に活かして行きたいと思いました。口蓋の形もすごくわかりやすい症例で、勉強になりました。


高島先生は0歳からの健康長寿研究会でいつもお世話になっております。
池田先生の講演は初めてでしたがきっかけは姉がとこちゃんベルトを使っていること、今生後2ヶ月の赤ちゃんを育児中で姉の方が先にセミナーを予約してたことです。もちろん高島先生から教わっていることは姉には伝えていますが姉からもとこちゃんベルトを教えてもらいお互いに共有することって本当に大事だと思ったし、一人の子供さんを他職種連携で全力でサポートするってこうゆうことか、と身近に感じました。骨盤の形、子宮の位置で妊婦さんの体調や赤ちゃんの育成に影響があると知りました。妊娠した時から育児は始まっているし、知ることで楽になることもたくさんあるんだと思いました。私たち歯科での介入も頑張らないと、と思う反面、妊娠や育児、発達とは奥が深くもっと勉強しないと、とセミナーを受けてさらに思いました。私と姉は歯並びが全く違うので健康状態も全然違いました。姉の方が上手くいったパターンです。今思えば歯科衛生士になって学べば学ぶほど小さい頃に感じていたことや経験からやっぱりそうゆうことだったんだ、と紐解いていく感じがあります。不思議ですが自分が苦労してきた分野に自然と学びを深めている感じです。患者さんには私もそうやったからわかるで、と言いながら話してることがよくあります。今日教わった内容をお話するところから、これからも勉強し続けたい!とモチベーションが上がりました。ありがとうございました。

歯科(まるまる育児を学び、理解を深めている歯科医師、歯科衛生士が所属している)、助産師・助産院との連携ができればと思う。近い将来、歯科から助産師、助産師から歯科へと体、口腔のゆがみの情報提供ができると利用者の方にとって心強いと考える。

寝返りとそり返りの違い、高這いの重要性、スリングやおひな巻きの効果等大変参考になりました。

新生児における口蓋の観察方法
多職種連携によるまるまる育児の周知活動に取り組んでいきたい

大切なのは胎児期からと知ってから、もう遅いのか・・・と思いましたが、症例2を見て何かできる事があるはすだと希望を持ちました。
また、養育者を精神論で解決しないように改めて気を付けたいと思いました。


妊産婦からや0歳代のケアの大切さがよくわかりました。
ありがとうございました。

本日は大変勉強になりました。小児歯科医院に勤務しております。歯科衛生士です。
胎児期からの姿勢の大切さと口腔の発達の関係体験勉強になりました。ただなかなか助産師との連携がとれず、医院の母親教室も開催していますが、集客をすると、たくさんの方が興味を示していただけるのですが、やはり月齢的に歯が生えてくる月齢になってしまいます。高島先生のように助産師・保育士との連携のできる歯科医師がたくさん増えてくれることを期待しています。保育士とともにまるまる抱っこの大切さをたくさんの方に伝えていけるようにできることからはじめていきたいと思います。

医療従事者

当院でもまんまる抱っこ というのをお勧めしておりましたが、まんまる育児という言葉をこのセミナーで存じ上げました。とても良い言葉ですね。さらに詳しく知りたくなりました。トコちゃんベルトは、産後につけておりました。産後だけにするものと勘違いしていました。どのような活用方法があるのか、再確認したいです。

胎児環境やその後の姿勢等が歯並びに影響すると知り、衝撃を受けた

口腔機能の発達は胎児期からということを、妊娠中のママ達に知ってもらいたい

胎児期からの姿勢、新生児期乳児期からの姿勢や授乳時の姿勢が口腔機能に影響を及ぼすということ

口蓋の形 胎内からの姿勢がとても大切だとあらためて感じました。


姿勢や体の使い方が、額面に影響することがわかった。自分も2人の小学生がいるため、妊娠する前から本日の研修内容の知識があればよかったなと思う。今後は、研修会で得た知識を保健師や子育ての経験者として役立てたいと感じた。

胎児期からのケアが大事であることはいうまでもありませんが、今からでも遅くない、出来ることを頑張ろうと思いました。

ご講演興味深く拝聴させていただきました。カウンセリングの支援をしている歯科医院で内科的な不調を訴える患者さんの多くは咬合不正や顎関節症を伴っており、幼少期の骨格づくりが重要だと改めて感じました。

一度聞かせて戴き、池田先生の講義をもう一度聴きたくて、希望して今日も聞かせていただきました。
冒頭の一般者へのお話は、助産師が妊婦さんへ指導するのにも生かせる内容でしたので、今日も参加してよかったと思っております。ありがとうございました。

歯科医院でまるまる育児をされていることに驚きました。ドクターでも既存の知識にとらわれず、柔軟に学び実践されているのが素晴らしかったです。地域の歯科医院でまるまる育児が気楽に受講で切るようになればいいと思いました。


まるまる育児が、重要なことよくわかりました。ありがとうございました。乳児期から、まるまる育児を自分なりにしてきたつもりですが、今、歯が生えかわり時期のこどもがいますので、少し心配になりました。家でできる何か体操や気を付けることなど教えていただきたかったです。

口蓋の形を診ることの大切さを学びました。

まるまる育児と歯列が関係しているとは思ってなかったので、とても印象深かったです。

産後のお母さんにまんまる寝をお勧めしていましたが、産後ではなく、胎児期からの、母親や胎児の姿勢が関係しているというお話が印象深かったです。生後2か月からでもまるまる育児で育つと、姿勢、歯列も良くなるということも興味深いお話でした。ありがとうございました。


貴重なご意見をありがとうございました!

★以下の記事でも第1回オンラインセミナーの感想をご紹介しています。