【男性必見!】トコちゃんベルトの使い方

こんにちは、スタッフTです♪
アジサイがきれいに色づき始める季節になりました。
湿気があり過ごしにくい頃ですが、この時期だからこそ見られる風景を楽しみたいですね(^_^)

さて、最近「トコちゃんベルトは男性にも使えるの?」というお問い合わせをよく頂きます。
トコちゃんベルトは男女問わず、思春期のお子様~シニア世代まで幅広く使えます!
今回は男性の使用例を紹介していきますね(*^^*)

① 釣りのときに
釣りをしているときの姿勢で多いのが「中腰」。
長時間続けると腰に大きな負担がかかるので、ベルトでのサポートが肝心です♪
実はこの姿勢、助産師さんが赤ちゃんを取り上げるときや、介護の現場でよく行う姿勢でもあります!
腰の負担を軽減するため、お仕事中にトコちゃんベルトをつけている助産師さん・介護士さんは多いんですよ(^O^)

② 長距離ドライブのときに
骨盤が後傾気味になり、背骨のS字カーブが保ちにくい運転姿勢。
長時間運転していると、仙骨(骨盤の後ろ側にある三角形の骨)にも負担がかかります。
じわじわと腰がつらくなってくる経験をした方も多いのでは(>_<)
前もってベルトをつけておくと、仙骨を立てられ、いつもより腰がラクに感じます(^^♪

ドライブのとき

③ ゴルフのときに
中には「ゴルフのときにつけるとスコアがアップした」という声も!

ゴルフのとき

ボールがまっすぐ飛ぶよう打つためには、体の軸をキープすることが不可欠だとか…。
しかし、意識してもなかなか難しいという方が多いのが現状だそうです。
その理由のひとつとして、加齢などで骨盤がゆるみ、下半身でどっしり体を支えられていないことが考えられます。
スライス・フックなどのミスショットにつながる軸ブレ、できるだけ減らしたいですよね(>_<)
そこで活躍するのが、骨盤周りを支えて体を安定させるトコちゃんベルト!
スイングの回転軸がブレにくく、ショットが打ちやすくなります♪

腰の不調でお悩みの方はトコちゃんベルトⅡがオススメ☆

サイズの決め方や位置などは、女性が使う場合と一緒です。
着用方法については、男性の場合まずは立った状態からつけてもOK!
慣れてきたら、よりサポート感のある骨盤高位でつけるのがオススメです(^_^)

つける位置は、恥骨からお尻の1番ふくらんだところです。
ベルトの前側が恥骨にかぶるように水平につけましょう。

恥骨のあたりからお尻の一番ふくらんでいるところを1周し、サイズを測ります。

ぜひ、男性の方も試してみてはいかがでしょうか(*^-^*)
それではスタッフTでした♪