トコちゃんベルトは正しいケアとともに!

こんにちは、スタッフTです♪
トコちゃんベルトを購入して間もないという方必見!
ベルトを使うときに意識したいケアのポイントをご紹介します(*^_^*)

1.内臓を上げる

筋力が低下している現代の女性は、妊娠前から骨盤がゆるんでいて内臓が下がりがち。
そのまま妊娠すると、ホルモンの働きで骨盤が「ゆるみすぎ」の状態に。
そこにお腹の赤ちゃんの重みがかかることで、さらに内臓が押し下げられ、ますます骨盤が広がります(-_-;)
よく「立ったままベルトをつけてもいいですか?」というお問い合わせをいただきますが、ベルトは「骨盤高位」の姿勢でしっかりと内臓を上げてからつけましょう♪

2.位置と強さを確認する

よく見かけるのが、ベルトを正しい位置よりもかなり上につけているケース。
骨盤の上側を締めると“テコの原理”で下側が開き、シモのトラブルなどにもつながりやすくなります。
ベルトはこの緑のラインの範囲内でつけましょう(^^♪

ベルトの位置①恥骨結合にベルトがかかる
②大転子(だいてんし)の横の出っ張りにベルトがかかる
③上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)にベルトがかからない

強く締め付けなくても骨盤は支えられるので、ギュッと締めないように注意しましょう!
さらに詳しくはこちら↓

3.“骨盤ケアの三原則”とともに

トコちゃんベルトはただつけるだけではなく、同時にしっかりと“骨盤ケア”を行うことで最大限の力を発揮するアイテム。
骨盤ケアには3つのポイントがあります(^^♪

〔骨盤ケアの三原則〕

骨盤ケアの三原則

・下がった子宮などの内臓を【あげる】
・ゆがんだ骨盤や全身の筋肉を体操で【ととのえる】
トコちゃんベルトでゆるんだ骨盤を心地よい位置と強さで【ささえる】

これら3つをどれからでもいいので、出来ることから毎日続けるようにしましょう。
妊娠中から持続的にケアをすることで、産後も快適にすごしやすくなりますよ!

特に、ゆがみをととのえる体操は体のコリがやわらぎ、気持ちもすっきり☆
体操についてはこちら↓

 

正しいケアとトコちゃんベルトで、健やかな産前産後を過ごしましょう(*^_^*)
それでは、スタッフTでした♪