徒歩通学は学力を上げる!?

こんにちは、スタッフAです!
最近、正月太りを戻すためにウォーキングを頑張っています(^_^)

ところで、歩くことが学力アップにもつながることをご存知ですか?

青森県のある小学校の調査では、「車で通学する頻度が高いほど、学力の低い生徒が多い」という結果が出ています(※)。

調べたところ、学力の低い生徒の多くは「低体温」の状態でした。
ギリギリの時間まで布団にこもり、朝ごはんも食べずに車で運ばれて学校へ…。
十分な血液・栄養が行き届かず、体はまだ起きていない状態です。
それではなかなか勉強に集中できないのもうなずけますね(≻_≺)

調査では、毎日歩いて学校に来る生徒の方が2.6倍も学力が高かったそうです!
「第二の心臓」とも呼ばれるふくらはぎを動かすことで、全身に血液が巡り、集中しやすい状態になっているのでしょう。

徒歩通学を取り入れて体温の底上げを図ったところ、朝から元気な生徒が増えて学力も上がったそうです(◎o◎)
歩くことの大切さを改めて見直したいですね。

歩かない生活は、骨盤お産の進行にも影響を与えることがあります。
メルマガでは、車社会と骨盤のゆるみの関係についてお伝えしています!
↓ぜひ併せてご覧ください
https://info.tocochan.jp/mail-mag/vol-87/

※参考資料
小鹿和男「歩かない子どもは退化する」/子どものからだと心・連絡会議『子どものからだと心 白書 2019』2019年12月7日