気を付けたい!トコちゃんベルトのつけ方

こんにちは。
スタッフMです(・ω・)ノ

トコちゃんベルトをつけている所にアザやあせもができた、という経験はありませんか?
それらはベルトの「つける強さ」や「着用順序」が関係しているかもしれません。

そこで今回はトコちゃんベルトをつけるときに気をつけたいポイントをご紹介します。
(トコちゃんベルトのつけ方はこちらの動画でご覧いただけます。)

《!ポイント①!》
ベルトは決して締めすぎないようにしましょう。
締めすぎや体質によって、皮膚の変色や湿疹・かぶれなどが起こる場合があります。
その場合は使用を中止し、専門医にご相談ください。

また、締めすぎはベルトの前側が細く伸び、折れる原因にもなります。
前側が折れてしまうと面ファスナーが付きにくくなり、急に外れてしまうことがあります。

トコちゃんベルトは基本的にお風呂と寝るとき以外は1日中つけるベルトです。
だからこそ、1日中つけても苦しくない快適な強さでベルトをつけましょう。

それでは、ベルトをつける強さの確認方法です。
強さの確認は寝た状態と座った状態でします。

強さの確認

1.まず寝た状態で確認します。
仰向けに寝たまま足を伸ばし、足の付け根に沿ってベルトの前側に片手を差し込みます。
このとき手の甲まで楽に入る強さがほど良い強さの目安です。

ベルトの強さ 適当

指先しか入らない、または手首まで楽に入ってしまうときは調整しましょう。

ベルトの強さ 強いベルト強さ 弱い

2.座った状態で強さの確認をします。
ベルトがお腹や体に食い込まないか、ベルトの前側が折れていないかを見ましょう。
バスタオルやクッションなどを使って、お尻を上げるようにすると座りやすくなります。
また、ベルトのお尻側の高さを、下の方に合わせると前側が折れにくく気持ちよく座れます。

座り方 正座

きつい場合はひざ立ちになってお尻に力を入れたままベルトを少しゆるめてください。

《!ポイント②!》

トコちゃんベルトは腹巻の上につけましょう。トコちゃんベルトにはオススメの着用順序があります。
(素肌に)腹巻→トコちゃんベルト→下着の順番です。
ベルトより先に腹巻をつけることで、ベルトの肌へのあたりがやわらぎ、汗も吸収します。
また、画像のように腹巻を折り上げてから下着をはくと、ベルトがズレにくくなります。

腹巻 折り返し1 最後にショーツ

 

1日中快適にトコちゃんベルトをつけるためにも、これらのポイントを試してみてください♪

それでは!(・ω・)ノシ